こども相談室 てんとうむし

「こども相談室てんとうむし」では発達障がいを持った子どもたちが、自立した青年として成長していけることを目指して療育に取り組みます。
幼稚園・保育園卒業、小学校卒業、中学校卒業等、それぞれの時期にてんとうむしの卒業を検討し、必要な子どもには継続した支援を提供します。
幼児期には発語や生活面の自立から始めますが、成長と共に、学習面から職業訓練まで展望し、生きていくうえで必要な技術全てを獲得を目指します。

 

サービス内容・療育目標

発達相談 心理テスト 個別療育 ・SK療育(集団的個別療育)・グループ療育(一日療育・プレジュニア・ファーストジュニア・セカンドジュニア・少年団・ジュニア青年団・ミドル青年団・アスレチックミーティング)
   
令和3年度 療育目標  
   ①家庭での子育て力を活かす 
    
 ②療育内容の専門化
      
  協調運動・筋力・持久力を意識した微細運動・粗大運動プログラム、国語・算数・英語などの個々の必要に合わせた学習、生活自立技術の獲得、余暇活動という各領域について、事業所内研究を通して専門化を図り、保護者の得意分野を活かせる療育を目指し、家庭と連携をとりながら、行っていきます。      
 
           

児童発達支援・放課後等デイサービスとは?

児童福祉法で定められた、指定通所支援事業所です。
当事業所の利用にあたっては、指定支援を受けるための受給者証が必要になります。
受給者証の取得に関しては、各市町村にお問い合わせください。

個別療育

対象:個別の関わりでの療育が必要と考えられる子ども
日時:平日 1時間程度
内容:個々の発達に合わせて必要な課題(学習・手先の運動・粗大運動など)に取り組みます。

プログラム例1 ・3歳児(ことばに遅れがあり、愛着や共感性の発達が未熟な子)

目標:母との愛着関係を築き、3項関係を結べるようにする。
   ・手遊び (手指の動きを鍛え、歌遊びを楽しむ共感性を養う)
   ・はめいたパズル(出来たことのわかりやすい課題で、達成感の共有を促す)
   ・ひらがなパズル(ひらがなを覚え、ことばの発達を促す)
   ・いろいろな歩き方・両足ジャンプ(意識して体を動かすことで、ボディーイメージを育む)
※あくまで一例です。個々に合わせたプログラムを組みますので、年齢や発達が同じでも違う課題に取り組むこともあります。

プログラム例2 ・4歳児(知能に問題はないが、指示や人の話を聞かず、集団行動が苦手な子)

目標:褒められて喜べる共感性を養い、大人の指示を素直に聞き、いろいろな活動に積極的に楽しんで取り組めるよ
   うになること。
   ・挨拶<はっきりと、しっかりお辞儀をして挨拶>
   ・応答<名前・年齢・園名・クラス名・園でのできごとなど>
    (質問をしっかり聞き、考えて答える姿勢を作り、様々なやりとりが 出来るようにする)
   ・音読<あいうえお表や簡単でリズムのある詩>
    (大きな声ではっきり読み、しゃきっとした姿勢を作る)
   ・ひらがなことばカード
    (読みの苦手さがある場合には、早期克服を目指す)
   ・ドッツ読み 
    (数を量として捉えることの出来る力を養い、量の操作ができるよ うにする)
    ・運筆練習<カタカナ・ひらがな・数字練習>
    (書きの苦手さある場合には、早期克服を目指す)
    ・粗大運動<両足、片足ジャンプ・ケンケン・鉄棒・跳び箱・なわとびなど>
     (体を思い通りに動かすことが出来るように、スモールステップで 取り組みます)
※あくまで一例です。個々に合わせたプログラムを組みますので、年齢や発達が同じでも違う課題に取り組むこともあります。

一日療育

対象:幼児 定員 6名程度
    
日時:木曜日  9時~14時 (お弁当持参)


内容:一日、生活をすることで、朝の準備や、排泄、食事、昼寝、遊びなど、生活の様々な場面で関わることで見えてくる、個々の課題の克服を目指します。年齢に応じて、30分~1時間程度個別で学習課題をする時間をとっています。


ある日の一日
 9:00  おはようございます。
       お弁当・帽子・水筒などの荷物の準備をする。
       出席シールを貼る
 9:15   自由遊び(ボーリング・輪投げ・ごっこあそびなど)
              (必要に応じて個別の学習課題に取り組みます。)
10:00    朝の挨拶
       季節の歌・製作・室内での運動
11:00  散歩
11:30  お弁当
12:30  パジャマに着替えて昼寝
       (お昼寝をしない年齢の子は13時から学習の時間)
13:45  起床
14:00  さようなら
 


SK療育(集団的個別療育)

対象:小学生以上児
日時:平日 小学生の時間       16時~18時
      中学生以上の時間     18時~20時
    長期休暇期間は14時から通所できる曜日もあります。
 

内容:個々のレベルに合わせた学習課題を4人~6人程度の人数で行います。友達との学習を通して、競い合い、励まし合い、頑張り続ける姿勢を作っていけるようにサポートしていきます。個々のレベルに合わせた、スモールステップを踏んだ、きめ細やかな課題に、こつこつ取り組み、個々のペースで進めていくことで、やれば出来るという実感を持ち、学習意欲を向上させることが出来ます。目標を持って取り組み、達成感を感じるために、事業所内で漢字検定や書写検定も実施しています。

キッズ  

対象:年中親子
日時:水曜 13:30~15:00  5人程度
内容:さまざまな活動を通して、できないことを
親子で取り組み、できるようになる経験を積むことで、良好な親子関係作りに取り組みます。
課題内容としては、微細運動・粗大運動・リズム遊び・学習・生活自立技術などに取り組みます。

プレジュニア  

対象:年長親子
日時:水曜 13:00~15:00  7人程度
内容:就学した後宿題や学校でうまくいかなかったことに、親子で取り組めるようにするための良好な親子関係作りに取り組みます。
課題内容としては、微細運動・粗大運動・リズム遊び・学習・生活自立技術などに取り組みます。

▲PAGETOP

セカンドジュニア  

対象:小学2年生
日時:水曜 15:30~17:00  3人程度
内容:少人数のグループ活動になります。前半は個別の学習活動に取り組み、後半は皆で、運動や音楽表現、生活自立活動などに取り組みます。

少年団

対象:概ね小学1年生~3年生まで  10名程度
日時:毎週土曜 9時~15時(大口南) 9:15~15:15(1階) お弁当持参
内容:来室時の挨拶、持ってきた荷物の確認や、生活習慣チェックを行い、正しい生活習慣を身に付け、自立につなげていけるようにしています。手先を使った活動や運動、当番活動にも取り組んでいます。

<一日の過ごし方>
・荷物・服装・生活習慣チェック
 頑張り表を使って、皆でチェックし、できている場合は褒め、出来ていない場合は、頑張るように促し、皆で励ましあいながら、正しい生活習慣を身につけていきます。
生活習慣を身につける活動
 歯みがきや、顔の洗い方、体や髪の洗い方などの基本的な生活技術を指導します。
・1週間のできごとや、頑張ったことの発表
 人前に立ち、筋道を立てて話す練習や、頑張ったことを認め合ったり、これから頑張った方が良いことを皆で共有し、励まし合ったりします。
・手先の活動
 
折り紙や、切り絵、ペーパークラフトなどに取り組みます。
運動
 筋トレや体幹トレーニング、大縄跳びや縄跳び検定などに取り組みます。

ジュニア青年団

対象:概ね小学4年~小学6年  10名程度
日時:土曜日 9時~15時(大口南) 9時15分~15時15分(1階) お弁当持参
内容:正しい生活習慣や学習習慣づくり、生活自立技術の獲得、友達との関わり方や・振る舞い方、社会への適切な興味の持ち方ができるように取り組んでいきます。

<一日の過ごし方>
・挨拶
 元気にシャキッと挨拶。今日も一日頑張りましょう。
・話し合い
 1週間の出来事やニュース、生活習慣や学習時間のチェックをし、高学年らしい生活が送れるように話し合います。

 6年生は、新聞切り抜きを持ち寄り、発表・まとめを行います。
・お弁当
 食事のマナーや、食器の洗い方、片付け方、食事後の友達との時間の過ごし方の指導をします。

運動

 親子ソフトボールやマラソンに取り組み、冬にはマラソン大会への参加もしています。
・自立生活技術課題
 雑巾作りやエコバック作り、ボタン付けなどの裁縫などに取り組みます。
・掃除
 掃除機やぞうきんを隙間なく、ていねいにかけることを教えます。

絵手紙

 月1回地域の絵手紙の先生をお呼びして、教えていただいています。

▲PAGETOP

ミドル青年団

対象:概ね中学1年~高校3年  10名程度
日時:日曜日 9時15分~15時15分(1階) お弁当持参
内容:正しい生活習慣や学習習慣づくり、生活自立技術の獲得、友達との関わり方や・振る舞い方、社会への適切な興味の持ち方ができるように取り組んでいきます。

<一日の過ごし方>
・挨拶
 元気にシャキッと挨拶。今日も一日頑張りましょう。
・畑づくり

 事業所内の畑やプランターで野菜を育てています。収穫した野菜は、事業所内の年下の子にあげたり、スーパーで売っている価格を調べ、価格を決めて事業所内で販    売し、収支計算をしています。

学習

 定期テスト前には、学習強化デーを作り、学習に取り組みます。

・お弁当
 食事のマナーや、食器の洗い方、片付け方、食事後の友達との時間の過ごし方の指導をします。

運動

 年間を通して、体力測定練習やマラソンに取り組み、冬にはマラソン大会への参加もしています。

・自立生活技術課題
 マスク作りやエコバック作り、ボタン付けなどの裁縫、洗濯やアイロンかけ、ゴミの分別やカラーボックス組み立てなどに取り組みます。
・掃除
 掃除機やぞうきんを隙間なく、ていねいにかけることを教えます。

 

充実体験余暇クラブ

・対象 小3~小6

・日時 1回日曜 9:00~15:00    10名程度
 
内容:空いている時間がゲームやごろごろして過ごしてしまいがちな子どもたちを対象に、充実した余暇体験をする活動をします。

   山登りや、ハイキング、火おこし体験、映画鑑賞、サイエンススイーツ、ボードゲームや将棋などをします。   
 

▲PAGETOP

こつこつ学習

・対象 小学生以上

・日時 祝日  9:00~15:00    10名程度
 
内容:祝日を使って、じっくり取り組み課題を乗り越えたい、学習体力をつけたいなどの目標を持って学習に取り組みます。

   年齢・目標に応じて来室する時間の長さは調整します。 

HOMEはじめに活動内容アクセスPDD児を育てる
| ことばが遅い [1] [2] [3]  | お友達と遊べない [1] [2] | 言うことをきかない [1] [2] | すぐに怒る [1] [2] [3] [4] [5] | 
自閉症と言われた計算ができない文字が読めない偏食が激しい |